matsurilogoofficial.png

Mailinfo@matsuri-tech.com

TEL:03-6228-0440(代表)

     03-6233-7401(営業部)

     03-6233-7757(オペレーション部)

            03-6233-7819(システム部)

            080-3503-2440(採用)

本社  :〒171-0033 東京都豊島区高田3丁目14ー29 

                                                  KDX高田馬場ビル5F

大阪拠点:〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島2-9-22

福岡拠点:〒810-0041 福岡市中央区大名2-9-35トウセン天神ビル 

海外拠点:6788 Ayala Ave, Makati, 1226 Metro Manila, Philippines

宿泊事業者向けに新法対応民泊新規サービス開始!!

新法対応民泊新規サービス!法人利用者数国内No.1の民泊運営管理ツール「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都豊島区、代表取締役:吉田圭汰)は、9月末に宿泊事業者向けに自動チェックインが可能になるサービスの提供開始を発表します。

matsuri technologies株式会社ではインバウンド消費を支える民泊事業者を支援するとともに、訪日外国人の満足度向上や健全な民泊市場の発展に貢献すべく民泊新法に対応すべるシステムを開発を進めています。今回の民泊新法の可決・成立により、手動や対面での本人確認には、膨大なコストが発生することが予想されるため、自社で運用している民泊運営管理ツール「m2m systems」に「自動チェックイン」の機能を作成することによって民泊新法に対応した民泊運営をサポートしていく。

 

サービス名:

  • 「m2m Check in」

特徴:

  • テレビ電話本人確認

  • 本人確認業務の委託【24H対応センター(別料金)】

  • 本人認証機能

  • AirbnbやBooking.comなどOTAとの宿泊予約情報と自動連携宿泊者名簿の自動作成

  • 多言語対応

  • パスポート情報取得機能

  • ハウスマニュアル表示

  • 管理ツール「m2m Systems」との自動連携(ゲストとの会話も端末を通して可能に)




 

「m2m Check in」:

詳細なご利用方法や各種機能については9月中に公開させて頂く予定です。

また今回の発表により事前登録いただいたお客様には半年間無料にて

「m2m Check in」が利用できるキャンペーンを発表させていただきます。

 

「m2m Check in」に関するお問い合わせ

【問い合わせ窓口】

広報・営業担当 河田 電話番号:03-5927-1400



 

【株式会社matsuri technologiesについて】

 

2013年より自社ソフトウェア開発事業に取り組んできたSPWTECH(出身アクセラレーターKDDI∞labo,TECKLABPAAK(リクルート)からスピンアウトする形で設立された。 AI及びチャットサポートの分野で投資を受けた同社だが、近年では事業をピボットし、民泊向け業務効率化システム「m2m Systems」やメッセージ代行サービス「m2m Basic」及び既存の民泊を民泊新法対応民泊に作り変えるソリューション「nimomin」で民泊関連事業を推進している。

 

【弊社提供サービスについて】

総実績500万超を誇るAirbnbメッセージ代行サービス「m2m Basic」

http://airm2m.tokyo/

 

総導入物件数5,000件を超える、国内最大級の民泊管理ツール「m2m Systems」

https://www.synm2m.info/

 

「民泊+短期賃貸」の組み合わせで貸し出しを行う集客支援ツール 「nimomin」

http://nimomin.jp/


 

【会社概要】

会社名:matsuri technologies株式会社

代表者:吉田圭汰

問い合わせ: info@matsuri-tech.com

電話番号:03-5927-1400

URL: http://www.matsuri.tech/

住所:171-0033 東京都豊島区高田3-21-2 ユニハイト東京ビル3F

2017年9月5日